Skip to content →

オルトリーブ バックローラークラッシックを買い物ポタで試してみました

早朝ライドするには流石に寒いので、しばらくは昼に時間を見つけて自転車に乗ろうかと思っております。

というわけで、今日、さっそくお昼の空き時間を使って、船越まで買い物ポタリングに出かけてきました。
もちろんパニアバック装備です。
いろいろ使ってみて、活用法の模索と経験値のアップを果たしていきたいと思います。

まず、買物といいましても左右あわせて40Lというのは、さすがに容量に余裕がありすぎです。
普段の使用にはパニアバックは1個で十分。
今日は左側だけに装着してみました。
特に走行中の重量バランスが悪くなるっていう感覚もなかったので、片方だけ使うのに問題はなし。
こうして見ると、少々後ろにより過ぎてる感じもしますので、後で前方向に調整するかもしれませんが、いろいろと様子を見ながら。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オルトリーブのバッグは、キャリアから取り外すのに手間はかかりませんが、実はショルダーベルトが付属してきますので、このスタイルのまま使うことも可能。
お店の中で肩に担ぐもよし、ポタリング中はタスキがけにして背中に回して移動するもよし、がっちり固定するタイプのバッグに比べるとポタリング用途にも使いやすい設計です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうして自転車で移動してると、よーやく男鹿にも春がやってきたと感じます。
さすがにネックウォーマーとニットキャップ、冬用グローブは必要ですが、刺すような寒さはもうありませんので。
道路にはゴミや小石が多いので、当面はMTBオンリーで行こうかと思ってますが、パニアバックも追加しましたし、ちょうどいいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ばしばし「自転車で運ぶ」スタイルを追求していきたいと思います。

今日のところは以上。


— ads by google —

Published in 今日の男鹿 自転車

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。