ハイスペックな3D愛でゲーの世界

ちょいと前に、スマホのバッテリー充電テスト(Quick Charge 2.0ってやつ)をしてたんですね。
普通の高速充電とQC2.0で、どの程度差があるのか…をグラフを書いてチェックしてみたり。

というわけで、バッテリー消費の激しいアプリを探してて、そこで思いついたのが3Dゲームアプリ。

素人でも簡単に遊べる奴ってことで、リズムゲームの「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」とかインストールして、遊びながらテストしてました。

それにしても、みんながフツーに持ってるスマホで、こんな3Dゲームが遊べるなんて、良い時代になったもんです。
プレイステーション(初代)や、セガサターンで、3D対戦格闘ゲームなんかやってた自分には、ほんとに隔世の感がありますね。

掌の中で動く3Dモデル

パッと見は、パワーのあるCPUのマシンで、あらかじめ作成した動画を流してるのと同じようにも見えますが、それをそのまま転送すると、データ量がとんでもなくなるので、とてもスマホの容量で遊べるゲームにならない。

3Dモデルをスマホの中で計算して、映像化して、それをリアルタイムで動かす。

ある意味、手持ちのスマホのスペックを限界まで引き出してくれるアプリだったりします。
その分、バッテリー消費が激しいので、前述の充電テストには絶好だったわけです。

この分野の開発がどんどん進めば、画面の中で歌って踊れる、現実のアイドルと同レベルのバーチャルなアーティストぐらい、すぐに出てきそうですね…っていうか、もう作ろうと思えば、作れるだけの技術はありそう。
コスト的なもののあるんで、商業的なトコに降りてくるにはもう少し時間がかかるでしょうけど。

古より続く「愛でゲー」

まぁ、それでいてやってることは「愛でゲー」なのはご愛敬ですが。

自分のお気に入りのアイドルを歌わせたり、踊らせたり、話させたりと、ひたすら愛でるためにゲームを進める。
古くはプリンセスメーカーあたりか続くこの手のゲームの基本は変わってません。

まぁ、課金というコスト上限がないビジネスモデルは、少々気にならんでもないですが、各自節度をもって遊んでもらえればよいものかと。
100円の課金を100回やると、それだけで、そのへんのパッケージソフトよりも高額になりますから…ご注意を。

追記:まとめ

こんな「愛で」とか「萌え」みたいな話をすると、なんとなく毛色が合わない人も、とーぜんいるはず。

ただ、ある意味、フォーカス外の人からは理解されないぐらい突き抜けてるからこそ、登場するアイドルの魅力を引き出して、ユーザーの支持を受けてるっていうのも、また事実なわけで。

最近、地方の魅力創造とか聞こえのよさげな話があちこちで立ち上がってますが、大抵は余所でもやってそうなコトを、自分とこにアレンジして、当たり障りの無い内容でやってるだけ。

当然、たいして支持も得られないで、そのうち無くなるだろうことは目に見えてる。

それに対して、自分の周りでも、そりゃ無理なんじゃない…ってな話をする人がいるんだけど、無理なコトに取り組んでる分、全身全霊全力で取り組んでてて、こりゃなんとかなるんじゃないのって気になるのがいくつもある。

実際、いくつかは実現してる。

何かの魅力を引き出して、人を惹きつける新しいモノを生み出そうってんなら、まわりの視線なんか気にせず、突き抜けて、突っ走るぐらい気概が必要なんだろうな…ってな話でまとめときます。

「科学的根拠」など信用しないほうがいい

タイトルに反して、自分は科学技術こそが人類の未来を築くと信じて疑わない、テクノロジー信奉者の一人。

科学技術なしでは、人間ってここまで生きながらえてないし、この先も科学技術なしじゃやってけない。

じゃぁ、なんでこんなタイトルで記事を書いてるかというと、科学技術の素養が無いひとほど、程度の低いいいかげんな「科学的根拠」にころっとダマされてるのをよく見かけるから。

極端に症例の少ない研究結果や論文(そんなゴミみたいな研究は世の中に溢れかえってる)を読んで、それを鵜呑みにしてしまったり。

ありもしない化学反応を根拠にした効果の喧伝を信じてしまったり。

もう、そんないい加減な「科学的根拠」なんか鵜呑みにするぐらいなら、はじめから「科学」なんか信じないで、自分の直観で判断したらいいんじゃないかと思ったりする。

人は信じたいコトだけ信じる

これはよく言われてる事だけどホントです。

そーいえば、原発事故直後に、誰かから「滝の頭」の水(男鹿市の水源だ)は放射性物質に汚染されてないかと聞かれたことがあったね。
気流の流れから言っても、秋田県側はほとんど影響を受けなかった上に、「滝の頭」の水は寒風山に降った雨水が20年以上の歳月をかけて染み出してきたもので、まず心配には及ばない。

仮に放射性物質を含んだ雨が降ったとしても、それが染み出すまでに20年。
種類にもよるだろうけど、その間に、多くの放射性物質が崩壊して、健康被害のない状態に落ち着いてる。

そんな事を説明したものの、相手の不安は収まらなかったようで、たぶん、あの方はしばらくミネラルウォーターでも買って生活してたんじゃないかと思う。

結局、質問しておいて、その方は、放射性物質への不安を誰かに肯定して欲しかっただけなんだろうね…と。

「科学的根拠」に対して判断する力が自分に無いがために、不安を和らげる言葉(危険だから湧き水は飲んではいけない)というのを身近な誰かに言ってほしたかっただけだったんだと思う。

そういう答えを求めていたんだろう。

たとえ科学的に否定されていても、自分が信じたくないコトは信じない。

いい加減な「科学的根拠」は溢れてる

実際、世の中で、いい加減な「科学的根拠」を最も有効に活用してるのは、人の不安を煽って、特定の商品を売ってる方々。

「XXは危険だから食べてはいけない」とか。

その際に示される研究結果みたいなのは、たいてい極端に症例が少なかったりする。
もしくは条件分けが不十分で、危険だと称する食品が本当に原因かどうかを特定できるレベルになかったり。

そして最後は、無視できるレベルに小さなリスクを、確率はゼロでは無いなどと煽り立てたてる。

そして、その先に「魅力的な真実」を並べ立てる。
科学的に確かなことを言うんじゃなくて、信じたくなる事実を提示して、相手の同意を得る。

もう、これは「科学」じゃなくて、ただの「話術」です。

一度信じると戻れない

多少なりと素養のある人が科学的な判断をすれば、議論の余地もないぐらいデタラメな根拠も、一度それを信じた人にとっては人生をひっくり返すぐらいの衝撃を受けた事実であり、そーなるともうどうしようもない。

一度そういったデタラメな根拠を信じて、人生をひっくり返してしまった人は、もう戻るに戻れない。
自分が過去に信じたコトを、ウソだったことに出来ない。
これって新興宗教とか、ブラック企業とかと一緒で、一種の洗脳です。

基本、もうここまで行っっちゃった方は、もう戻れないんだと思う。
残念ながら。

結局、中途半端な「科学的根拠」なんかを判断の材料にするより、自分の直観を信じたほうが、ずーっとマシな結果になるんじゃないかと思ってる。

ほんとは、もっと多くの人が、もっと「科学」に親しんでくれたらいいと思うけど、それもまた難しいだろうし。

スポーツやトレーニングは社会貢献です

今や、日本の国家予算の1/3以上が医療費。

普通に家計に例えればお分かりの通り、年収300万ぐらいの人が、年に100万以上も医療費に使ってたら、それはもう重病人といって良い。

ここ最近の日本の経済の元気の無さって、そもそも病気の人が多すぎるから…ってな解釈もできそうです。

これって、議論の余地なく、日本が抱える大きな課題の一つ。
それもトップクラスに重篤な課題。

ここまで膨張した医療費を減らす方法は、なるべく多くの人が「健康」になること。
病院に行かなくてもいい、強い体を手に入れること。
歳を重ねても、病院通いをしなくてもよい、健康な生活スタイルを構築すること。

それしかないです。

この医療費の総額を半減できたりすれば、日本の活力って相当あがってくると思いますよ。

そー考えると、日ごろからスポーツをして、トレーニングを続けて、病気になりにくい体を維持してる人ってのは、大きな社会貢献をしてるわけです。

これは冗談でも、例え話でもなくて、本当の意味で。

もちろん運動が苦手…っていう人はいるでしょうが、少しづつ運動をする工夫はしていかないと。
通勤で歩く距離を多少なりと確保するとか、ちょっと早起きして家のまわりを散歩するとか。

健康はお金じゃ変えませんが、不健康は確実にお金を失います。
ついでに個人収支も国家財政も悪化させますから。

普段から体力つけとかないと、悩み事すら出来ない

悩む…ってのも消耗します。

心だけじゃなくて体も。

気力も体力も両方ないと、良い悩み事すらできないのかも。

気力と体力が低下してたら、良い決断はできないです。

心と体は一つってのはホントです。

ここのところ、少しいろいろと悩んでたコトがあったんですが、除雪疲れなんかもあって、なかなか先に進む気持ちが持てなかったとこ。

ここ数日寒気が緩んで体が休まるにつれて、いい方向が見えてきました。

人間、疲れてる時は、悩む力も、決断する気持ちも低下するもんですな。

やっぱ、普段から体を動かして体力つけとくってのは、ハードな人生生きてく上には大事です。

自転車でも、ランニングでも、水泳でも、やっぱ身近なスポーツが無いと。
健全な体に、健全な心が宿る…ってのは、悩むことにも体力が必要っていう意味が多きいのかも。

冬場は条件がそろわないと、自転車もなかなか乗れないんですが、それでも培ってきた体力のおかげでこうした前に進めるってのはありがたい事ですよ。

雪国の田舎住まいは、体力勝負です。

雪国の持ち家ってのは大変です。

なにがって、もちろん除雪、排雪作業。

毎日、それなりの時間と体力を費やしての作業です。

男鹿半島は内陸に比べれば、比較的積雪量が少ないとはいえ、向こうのような排雪(流雪溝やロードヒーティングなど)の設備があるわけじゃないので、ひたすら人力です。

それでも、うちは家のすぐ向かいに雪を捨てる場所があるんんで、楽は楽。
雪ヘラでばんばん向かいの空き地に投げ捨てられますし、スノーダンプでまとめて捨てるのもすぐ。

これは、ホントありがたいと言うか、恵まれてたというか。

屋根から落ちてきて積もる雪のほうは、スコップで切りだして排雪。
こっちは塊になってて重いので、けっこう体力消耗します。
毎日ではないので、なんとかなんとかなってはいますが。

懸念は、ご近所の皆さんも高齢で、だんだん除雪作業ができる人が少なくなってきたコト。

余裕があれば、自分が寄せるわけですが、その範囲が徐々に広がってまして。

向かいの公園の駐車場も、除雪車のタイミング悪いと、自分が寄せないといけなくて、体力的にはけっこうつらい。

雪国の田舎住まいは、体力勝負です。
健康でないと務まりませんです。

音楽好きなら、たくさんCD借りましょう。

最近のCDレンタルは旧作なら10枚で1,000円(+税)ってな感じ。

1枚あたり100円。

CD1枚に10曲程度収録されてるって考えると、1曲10円。

めちゃくちゃお得な状況です。

T●TAYAもGE●もだいたい一緒です。

旧作限定なので、最新のポップスだけ聞いていたんだ!っていう人には向きませんが、いろんな音楽聴きたいって人にとっては、この状況を利用しない手はないはず。

クラッシックやオーケストラ。

ジャズピアノやサックスのソロアルバム。

古いのから、最新のテクノまで。

アニメや映画のサントラ。

などなど、いろいろ興味はあるものの、わざわざ借りるほどでもないかな…って思ってたアルバムも、お昼の外食を一回諦める程度の出費でお試しできるわけですから。

音楽好きなら、どんどん借りた方がいい。
個人的予想としては、そんなに長期間は続かないような気がしてるし。

問題は曲数がどんどん増えてくコト。

今のとこ、手持ちのMP3ファイル(200kbpsぐらいでエンコード)が7,000曲、40GB超。

基本、スマホには全曲を入れて持ち歩きたいヒトなので、mp3ファイルがmicroSDの大半を占めてて、そろそろ128GBのが必要になりそうなコトぐらい。

まだちょっと高いですのでね。

初期のiPodって、小型HDD内蔵で、手持ちのmp3ファイル全部持ち運べますよ…ってのが売りだったんですよね。
それが今やメモリの差分で商売しちゃってますが、逆にAndroidスマホは、microSDで好きなだけ容量増やせるのはメリットです。

64GBなら3,000円程度ですし、128GBでも7,000円切ってます。
iPhoneをミュージックプレイヤーにするよりはオススメだったりします。

— ads by amazon —

「欲しい」と「必要」は別

昨年、秋田のイオンに出店した「ルピシア」。

実は、ほぼ利用してません。
紅茶好きなんで出店した時はあんなに喜んだのに。

まぁ、ネットショップで購入してる福袋で量的には十分なので、あえてリアル店で買う理由がないってのはありますが。
福袋、お得過ぎ。
あと、近くっていっても男鹿市からは、そう頻繁にイオンには行けないですし。

でも、秋田出店前は、盛岡店まで行って買ってましたよ。

遠出の時の楽しみだったけど、日常としてはさして魅力を感じてないってコトだったのかも。

口では「欲しい」っていうけど、実際には「利用しない」って、なんとも身勝手な。

何が「必要」だろうかね

他のお店でも同様です。

実際、秋田って自転車に向いた土地柄なのは間違いないですが、それに対して専門店はかなり少な目。

まぁ、機材に関しては、通販で購入して自分で工具使えばなんとかなるので、そんなに問題はなく。
できれば、ウェア類が豊富な店があればな~なんて思ってました。

ただ、ほんとにそれが「必要」かと考えると、なんか違いますね。

たぶん、そんなに利用しない。
よくて、年に1回とかそんな程度。
それじゃ、お店としては立ち行かないです。
そんな大都市じゃないんだし。

それよりもネットショップ等で、商品説明を丁寧にしてもらったり、サイズ表記を充実してもらったりしたほうがメリットは多そう。

試着はできなくても、メーカー毎のサイズの特徴把握できてれば、ほぼ問題ないので。

どちらにお金を使おうか

「欲しい」店と、「必要な」店って別です。

豊富な店頭在庫の中から選んで買える店ってのは、確かに「欲しい」ですが、利用するかどうかはまた別。
そーゆーお店は、ある程度都会じゃないと成立しない。

それに対して、専門的なメンテナンスをしてくれるお店は絶対に「必要な」店。

自転車だと、使用頻度の低い専用工具(これが高い!)が必要なメンテは、なかなか自分じゃ出来ないし。
BB交換とか自分でやるメリットはあんまない。

安心して任せられるお店が絶対必要。

その辺を、きちっと意識しないと、ただ「欲しい」店で無駄に散財して、「必要な」店にお金が回らないのは不幸なコト。

その地域に「必要な」お店が無くなることは、ほんとに大ダメージですから。

基礎練大事です

EWI4000sの練習はロングトーン、基礎練習、曲ってな感じで、毎日1時間ほど。

他にもやった方がいい練習もあるんでしょうが、時間もそんなにあるわけじゃないので最低限ってトコです。

肺活量鍛えるトレーニングとかも合わせてできれば自転車の方にも良い影響ありそうな気はしますが、いまのとこ腹筋ぐらい。

にしても、やっぱ基礎練習って大事です。

ひさしぶりに楽器に触って、改めて思いだしたりしてます。

曲を吹くのは楽しいんですが、どーしても曲全体を考えて演奏しないといけないので、今の演奏スキルだと、音の一つ一つがおざなりになりがち。

基礎練習は、フレーズ自体は単調でも、音の一つ一つに集中できるので、綺麗な音を出すこと(EWIはホントの吹奏楽器ほど難しくはないんでしょうが…)や、指や舌を正確に動かして、キチンと音を区切ること、などなど大事なポイントがぎっちり詰まってます。

上級者になっても大事なんでしょうが、絶賛初心者中の自分にとっては、ほんとに大事な練習になってます。

例えば、この楽譜で、3小節目と4小節目は初心者にとって、ぜんぜん難易度が違います。
C4からD4へ移るだけで、ほぼ全てのキーとオクターブローラーを同時に操作しないといけません。
楽譜上は平然と並んでますが、これを同じように吹けるようになるには、けっこう地道な反復練習が必要。

ただ、音楽としてみると、その難易度の違いは全く意味がないことであって、難しいフレーズが雑になることで、音楽全体が雑に聞こえてしまう。

結局は、基礎練習の中で、音の一つ一つのクオリティを意識しながら積み重ねてくしかないんですよね。

一歩進んで三歩後退…でも進んでる

はじめは、指が回っただけでちょっとは上達したかな…って思えてたのが、音の入りでオクターブローラーが安定しなかったり(これが目下の重要課題)、息が間に合ってなかったり、音のデュレーションがマチマチだったりと、一つできることが増えると、三つぐらいできてないコトが見えてきたりする。

昨日出来てたコトが、今日はなかなか上手くいかないなんてコトもしょっちゅうで、ホントに上級者への道は果てしなく遠い感じです。

まぁ、あくまで趣味なんで、自分なりに楽しみ見つけていきます。

EWI4000sは、電子楽器なんで練習煮詰まった時に、音色変えてみたり、トランスポーズで全然違う楽器の曲(簡単なのですが)吹いてみたり、エフェクタ入れてみたりと気分転換になるギミックはいろいろあるので、楽しみながら継続はできそうですが。

— ads by amazon —

EWI4000sのストラップ新調

昨日、自転車仲間の日本酒会にお呼ばれしまして、久しぶりに男鹿線に乗って秋田駅前に出かけてきました。

時刻表の関係で、少々早めについたんですが、今の秋田駅前だと、わざわざ行かなきゃってお店がほぼないんですよね…

でもって、ふっと思い立ったのがヤマハミュージック秋田店。

実は、EWI4000sの練習再開してから、ずーっと気になってたコトがひとつありまして。

EWI4000sに付属(だったかな?)のストラップ、長さの微調整が非常にやりずらい。
ストッパーを緩めて、長さを調整する仕組みなんですが、何度やってもうまくいかなくて、結局妥協して練習に入る…みたいな時がけっこうありまして。

EWI4000sは、ストラップはアルトサック用が使えるはずなんで、なにか良いものないかな…と、ちょっと寄ってみました。

このお店も昔は電子楽器豊富に扱ってたんですが、今は管弦楽器とピアノ、エレクトーンの専門ショップになってます。
少々さみしいとこではありますが、まぁ仕方ない。

ただ、ストラップの店頭在庫は数種類ほど。
もうちょっと種類があるのかと期待してたんですが、それほどでもなく。

いちおう定番BGのスタンダードタイプのものはありましたので、そちらを求めてきました。

でもって、今日さっそく装着して演奏してみましたが、なるほど、これはなかなかに使いやすい。

フック側から引っ張った時はビクともしないので、演奏中に楽器が下がったりすることは一切なし。

でもって、ストラップをまとめてるプラスチックの部品を握って引き上げると簡単に短くできすし、楽器を軽く持ち上げた状態で、クイックイッと下げてあげれば微調整も容易。

ストラップを首から外そうとすると、簡単に伸びちゃう仕組みなので毎回調整することになるとは思いますが、それでもこんなに簡単に調整できるなら問題なさそう。

着てる服の襟元に合わせて、素早く調整できそうです。

まぁ、こーゆーのは体に上手く合わせられてこそ意味があるものなんで、付属のストラップで上手く調整できないな~って感じてる方は、早めに自分に合ったものをチョイスした方が良さそうです。

スタンダードタイプのものなら3,000円程度ですしね。

— ads by amazon —

EWI4000sのヘッドホンノイズ対策

この時期、EWI4000sを練習してると、濡れタオルが欠かせない。

指先が乾燥してると、センサーが指が触れたのを感知できなかったり、僅かに遅れたりと、演奏にかなり影響がある。

うまく指が動いてない~って思ってタオルで濡らすとすんなり吹けたり。
あぁ、接触不良でしたか…みたいな。

まぁ、保水量の多い若い人ならあんまし影響ないんでしょうが…

というわけで、練習中のテーブルの上は、濡れタオルと、マウスピース吹き用のミニタオル、つばキャッチ用のタオルと、タオルだらけ。

真夏は汗拭き用のタオルが加わるのかな。

EWI4000sのヘッドホンノイズ対策

普段のEWI4000sの練習は、ヘッドホンを使ってやってます。
メトロノームの音が聞こえないと練習しずらいので、インナーイヤータイプのオープンエアのやつ。

もうずいぶん古いんですが、ゼンハイザーのMX500。

で、ちょっと調べてみると、EWI4000sをヘッドホンで聞いてると演奏してないときにノイズが入る…ってな話を聞きまして。

おや?うちではノイズなんか聞こえないな~個体差?
それとも、自分の耳が劣化してる?

不思議に思って、ちょっと他のヘッドホンを試してみたところノイズが聞こえるのと、聞こえないのが…あぁ、何となく原因が見えてきました。

EWI4000sのヘッドホン端子は、推奨インピーダンスが指定されていて32Ω以上のヘッドホンがそれにあたります。

もちろん、それ以下でも音はちゃんと鳴るんですが、どーもその場合にノイズが聞こえてきてるっぽい。

うちでも、何かのオマケでついてきたような16Ωのヘッドホンだとノイズが聞こえます。
でもって、いつも使ってる32Ωのヘッドホンでは全く聞こえません。

たぶん原因これじゃないかな…インナーイヤータイプのやつだと、あんまりインピーダンスとかみんな気にしてないだろうし。

お困りの方は、ちょいとお試しを。

— ads by amazon —