どうせ住むなら四季のあるところがいい

日本なら、どこだって四季があるんじゃ…って思ってる方。
それは間違いです。

まぁ、それを「間違いです」と断じてる自分の言葉も「間違い」かもしれないんですが、そこは置いときまして。

「冬」の定義

昔、SEやってたおかげで日本のあちこちに住んでたコトがあります。
北から秋田、盛岡、仙台、品川、神奈川(横浜とか藤沢とかいろいろ)、大阪、博多、熊本、短期であれば他にもいろいろ。

春夏秋は、気温変化の遅い早いはあってもだいたい一緒ですが、「冬」は土地によって大きく異なります。

例えば、関東の「冬」は気温は下がりますが、降雪は僅かで積雪はなし。
空気が乾燥するために、肌がかさつくイヤな季節。
このへん、日本の太平洋側はだいたい同じような感じ。

ところが、日本海側の北国は「積雪」という決定的に違う気象状態が発生します。

景色は白一色に覆われ、交通に影響が出て、住居や職場の周辺を自らの手で除雪しなければならない。
あと、冬場は晴天率が低下するためにお日様を見られる時間が極端に減ります。
これだけ見ると、あんまりイイことは無い。

雪のある生活

ただし、それだけ季節変化に富んでいるという意味では、他所よりはるかに魅力的とも言える。

冬にしか見られない雪が積もった風景というのは、乾いた都会の空気とはまったく違った潤いがある。

除雪という作業も、体力的にはキツいかもしれないけど、こうした手作業の上に生活が成り立つという実感もある。

自分のような自転車乗りには、雪の上をライドするという経験は、積雪地域ならではの遊び。
雪が深くなったら、今度はXCでもアルペンでもスキーを楽しめるし。

子供だって、雪という極上の玩具を使って遊びまくれる。
雪合戦も雪ダルマも知らない子供なんて可哀想すぎるぐらいだ。

変化こそが豊かさを生む

何の変化もない生活…同じことを一年中繰り返す生活なんて味気ない。

積雪という大きな変化を、生活の中で受け入れ、取り入れ、工夫することで豊かな生活が送れる。
雪を使った遊びだってたくさんあるし、家の中に閉じこもりさえしなければ、いつでもどこでもプレイフィールドだ。

そーゆー意味で積雪がない地域は「四季」じゃなくて「三季」とも言える。

快適な積雪量

とはいえ、豪雪地帯というのは、確かに大変。
除雪にともなうリソース消耗は半端ないのは確か。

もし住む地域を自由に選べるというなら、積雪量をチェックするのは重要なんだと思う。

秋田県沿岸部は、積雪はするものの豪雪みまわれることは滅多になく、積雪を楽しめる場所だと思う。
男鹿半島は風が強く複雑なこともあって、積雪で大きく苦労することは少ない。
除雪の評判も良い。
にかほや本荘あたりは、男鹿半島よりも暖かいので、あのへんも積雪の苦労は少ないかも。

たぶん、山形県沿岸部もけっこう快適なんじゃなかろうか。

逆に、秋田市は除雪が不評なようで、積雪で楽しむ…っていう雰囲気は薄いかも。

四季を楽しむ

日本の人口の大部分は積雪地域外に住んでるので、何気に言葉にしてる「四季」の意味が、実は「三季」でしかない…というのは知らない人が大部分だと思う。

雪がある場所になんか、スキーが趣味の人でもなければ出かけないし、それだって自宅から半日かけて到着するという特別な旅の中にしかない。

積雪という、大きな変化を生活と遊びの中に内包してる地域こそ、本当の意味での「四季」を楽しめる地域だと思う。

まぁ、仕事は無いですけどね…頑張って自分で作るしかない。

リトル・フォレスト

お正月にBSで放送してた映画「リトル・フォレスト」。
全部で4時間とかになるので、録画したまま今までHDDの中で眠らせてましたが、最近になってCM抜き編集してちまちま見てます。

派手なストーリー展開なんかはなくて、田舎で手間暇かけてスローライフを送ってるだけ。
実に、こう世界がしっかりしてる。

最近、やたらと田舎ぐらしをドラマティックで価値があるものみたいに紹介するメディアにあたったりしますが、本来、手間暇かかって面倒くさいだけなんですよ。

ただ、手間暇がそのまま生活に直結してるってとこが醍醐味で…そのへんが田舎の人にはピンと来るのかも。

男鹿半島も徹底的に田舎…地の果てですから。

主演は橋本愛さん

某朝ドラの出演なんかで話題になりましたが、主人公よりも、自分はこの方の方が好きでしたね。
なんか闇が深そうで。

本作でも、可愛いけど強いキャラ感がよく出てる。
まだ「夏」編も見終わってないけど、短編を繋げたような構成の映画みたいなので、引き続きちまちま見てます。

原作漫画はkindleでセール中

で、どうも原作漫画があるらしいと思ってAmazonで検索してみたら、kindle版は、まさかの1巻無料!2巻も半額。

ありがたく2冊まとめて購入させていただきました。
いつまでセールなのか分かりませんが、田舎のスローライフとか興味ある人は今のうちに買っちゃいましょう。

かなりラフな作画ですが、映画見た後に見ると、脳内で橋本愛補正がかかってきますので、すごく主人公が魅力的に見えます。
そーゆー意味でもオススメ。

— ads by amazon —

生活にYAMAHAがある幸せ

これといって意味があるわけじゃないんですが、YAMAHAっていうメーカーが好きです。

YAMAHAerです。
(あるのか、そんな呼び名)

デスクトップ壁紙カレンダーなんか配布してくれるので気にって使ってます。
こちらはエレクトリックバイオリン。
電子楽器ですけど、カッコいいです。

はじまりは、小さな頃にYAMAHAの音楽教室に通ってたとこから。
某寺ですよ。

それにしても、このメーカーの多彩さはほんとに脱帽もの。

一番有名なのは楽器とオートバイですが、それ以外にもほんとに多彩な事業を展開してる。

それも、多角化とか大規模化とかを指向してじゃなくて、事業を進めるにあたって必要になったものがあれば、それも自分らで作ってしまおう…的に発展してきたらしいので。

何でもかんでも外注にしちゃうと、結局はコモディティ化の波に飲まれてうずもれちゃいますからね。

そのあたり、楽器という工業製品にして芸術作品という二面性を持つ製品をコアにしてきた会社ならではの感性があるのかと。

YAMAHA RP-U200 & NS-10MM

手持ちの品の中では、ずーっと昔に買ったUSBオーディオセットが未だにデスクトップ上で現役です。

何度か書いてますがRP-U100と小型スピーカーNS-10MMの組み合わせは、PC用デスクトップオーディオ向けには十分すぎるほどいい音で鳴ってくれてます。
全体的にバランスいいですし、自分好みのピアノの音を響かせてくれるのがホントに気に入ってます。

1999年発売と、もーそろそろ20年選手になろうかという時期ですが、壊れる気配もなく、再使用始めたことろより断然調子がいい。

YAMAHA YAS-475

社会人何年目かの頃に、実は再びYAMAHAの音楽教室に通ってた時期があって。

その時に使ってたのが、こちらのアルトサクソフォン。
確か、月々レンタル代金を支払って、一定金額まで払えばそのまま自分のものにできるっていうシステム。
まぁ、分割払いみたいなもんですが、金利はつかないし、教室生徒さん向けの優遇みたいな感じで入手。

教室は月4回ぐらいで、当時は公民館の練習室を借りたりと仕事終わりに気を使って結構練習しました。
仕事終わってからの楽しみだったので、仕事もテキパキ残業しないように工夫してメリハリがありましたね。

それでも絶対的練習量の不足は如何ともしがたく、なかなか上達するまでは辿り着けず。

そのうち出張が多くなって教室通いも止めたため、現在は休眠状態です。
なんとか復活させたい気持ちもあるんですが、練習場所の確保とか考えるとハードル高くて難しいっす。

ただ、サクソフォンって吹いてると気持ちいいんですよ。
電子楽器と違って、楽器自体が自分の吹き込んだ息だけで綺麗な音色を響かせる感覚はほんとに独特。

今、練習してるAKAI EWI4000s買ったのも、せっかく習ったサクソフォンの運指を忘れたくないなってのがきっかけでしたし、人生の中で下手でもいいから楽器に関わっていたいという気持ちが確かにある。

ほかにもいくつか

学生の頃バイトして買ったYAMAHA DX21とか、人生初のパソコンはYAMAHA CX7/128Mだったり。

今使ってるMIDI/AUDIO-I/FのSteinberg UR22mkIIも、使ってるソフトのCUBASE AIやCUBASIS 2も実質YAMAHA製。

この先、もーっとカッコイイ電動アシストバイクとか出してくれたら、買うこともあるのかも。

無駄にデザインに特化したフツーの自転車とかでもぜんぜん構わないですし。
今のアシストバイクは、まだ自転車乗りに響くデザインじゃない。

YAMAHAの製品って、別に無くても生活に困らない。
だけど愛着を持ってそれを使ってると、すごくライフスタイルが豊かになる。
そんな感覚です。

— ads by amazon —

宇宙の謎を大人買い

妙なタイトルですが、昨日、Amazonでセールをやってたニュートンのkindle版を大人買いしました。
宇宙関連のを、一気に6冊。
一冊150円だったので、これでも900円なので、大人買いって程の金額じゃない。

kindle版のニュートンは、特集記事のみを抜き出しての販売なので、紙の本の内容を全部読みたい、もしくは特集以外の記事に興味があるという方には向きませんが、表紙に大きく取り上げられてる内容だけをチェックしたい人には、非常にありがたい。

ちなみに、本書は大きな図版やイラストを多用してるので、スマホやタブレットでは少々役不足。
PCの「Kindle clound reader」あたりで読むのが適当な大きさです。
できれば23インチ程度の液晶ディスプレイに繋げられれば最適かも。

様変わりした宇宙

まぁ、宇宙関連の本というなら、書籍化されたもっと詳しい本もたくさんあるわけですが、なんと言ってもビジュアルを中心にイメージを膨らませてくれる本書は、今の時代には非常にあってる。

あってるっていうのは、いま人類が把握している宇宙は、自分が子供の頃に習ったり、覚えたりした宇宙とは、もう全くの別物。

たぶん天動説と地動説ぐらい変わってる。

そのぐらい観測技術は進歩し、解析技術は精細になり、そこから組み立てられる理論は素人にはなかなか把握しずらいぐらい先に行ってしまってる。

様変わりしてる。

いろいろと新しい概念も登場してて、そーゆーのを文字だけで掴むのは非常に難しい。

こーいった時に、本書は、そのイメージを掴むのに大きく大きく貢献してくれます。

知的生命体としての喜び

こーゆー新しい概念に触れるのは楽しいです。

新しい概念を理解するときに、一番やっちゃいけないのは、自分の中の既存の概念に落とし込むこと。
今までのモノのバージョンアップ、そんなに大きく変わっていない、という理解に落ち着かせること。

それをやっちゃうと、新しい概念の本質的で、革新的なトコがまるまる抜け落ちる。
せっかくの楽しみが抜け落ちる。

世の中、けっこうな人がコレをやっちゃって、目の前を新しい世界が通り抜けていくのを、みすみす見逃してる、残念な社会ではあるんですが。

どんなに理解しずらくても、安易に自分の中の似たモノを見つけるんじゃなくて、自分の理解の範疇の辺縁まで歩み寄って、そこから一歩踏み出してみることが肝要。

新しい概念を、自分の中に取り込むんじゃなくて、自分が新しい概念の中に入っていかないと、何も見えてこない。

世界は広がらないし、そこから生まれる知的生命体としての喜びを味わうコトだってできない。
この感覚は…クセになりますよ。

ではでは、今夜も宇宙の謎に浸ってみたいと。

150円セールは終了しましたが、しばらくは250円販売が継続するらしいので、興味をひかれた方は是非。

— ads by amazon —

良い作品には、良い楽曲がつく

昨年末からの1カ月ちょい。
ゲームやってアニメも見てとプチ・ブーム状態の「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS」。

でもって、最後はレンタルCDで借りてきた楽曲を揃えまして、まぁ、だいたい終了かと。

プレイリスト作ってみました。

楽曲はけっこうな数が出てまして、レンタルに並んでるのを揃えただけで、96曲もあって、延べ演奏時間が7時間越え。
重複してる曲や、カバー曲は除いてあってもこの数ってはのは、なかなか凄い。

ゲーム発祥のメディアミックス作品でこんなにCD出てるのって、これぐらいだろうなぁ…って、いやいや。

こっちは192曲で14時間近く。
圧倒的でした…サクラ大戦。

声優さんがステージパフォーマンスを積極的に始めるきっかけになった作品じゃなかったですかね。

こっちはシリーズ5作なので、どこまで含めて比較すればいいのか微妙なトコですが、楽曲担当の田中公平さんは大好きで、このほかの作品も手元にあったりします。

楽曲に力の入った作品ってのは、良い作品が多い気がします。

製作現場で、先行してできた楽曲をBGMに作業するんで、作品に統一感が出やすとか、そんな話も聞いたことありますし。

というわけで、我が家でも作業する時のBGMには事欠かない状況です。
何か作業するにも楽しくいきたいですしね。

紙の本を整理しました

前から、ぼやっと考えてましたが、この度実行に移しました。

やや勿体ない処はありつつも、いろいろ事情がありますので。

1.質の低下

ちょいと前から感じてたコトですが、最近の漫画や小説本って、内容に関わらず、紙自体の質低下や、装丁の雑さが目立ちます。

昔から贔屓のSF作家さんが、昨年末に久しぶりに新刊を出したので喜んで買ったんですが、なんか装丁がぜんぜん揃ってなくて、かなりガッカリしたのは記憶に新しく。
(しかも、しばらくしたら電子で出版されて…ん~)

同じように贔屓の漫画家さんの新刊が、紙の質が悪くてザラザラした指ざわりが気に入らなかったり…と、まぁコストダウンが目的だと思われる事柄には頻繁に出くわすように。

紙の本の魅力を語るときに、本自体の質感を語るコトもよくあると思うんですが、経営的事情から真逆の対応が取られてるのは残念です。

2.収納限界

本読むのが好きな人なら誰もが直面することで、自宅の本棚の収納能力には限界があります。

好きな作家さんの作品や、興味深い物書きさんの本は、できれば手元にずっと残しておきたいですが、当然ながらファン歴が長くなれば作品数も増えて、本棚に占める体積も増加の一途を辿ります。

我が家でも、この問題が顕著です。

繰り返して読むことが稀な漫画や小説は、もう処分するより他にない状況です。

3.買取価格の暴落

上記のような事情もあって、こないだ比較的状態の良い本をシリーズ一括で古本屋さんに売りに行きました。

赤いケースに入って売られてる、そこそこ人気のある作品で、痛みも無く、発売されてからさほど時間もたってないと思ってましたが、提示されたのは定価の1/10以下の金額。

他に処分するアテもなかったので、そのまま買い取ってもらいましたが、古本屋さんは、いま相当厳しい経営状態の様子。

値が付く本は、もうヤフオク等のネットオークションで売るのが通例のようで、町の古本屋さんに持ち込む量は激減してる模様。

量が減ってる以上、一冊当たりの儲けを多くしないとならないため、買取価格の暴落は避けようもなく、ビジネスモデル自体の崩壊も近い感じです。

身近に持ち込める古本屋がない地域に住んでる自分にとっては、ガソリン代にもならないようなら売りにいく理由がありません。

資源ゴミに出すより他にない状況になってます。

というわけで

基本的に、電子で購入できる本は、電子で購入するコトにしました。

古本屋に持ち込んでも、たいした金額にならないのなら、収納スペースを一切とらない電子書籍は福音です。

電子書籍なんてサービス会社が倒産したら、もう読めなくなるでしょ…って言う方もおられますが、紙の本だって自宅が火事にでもなったら、もう読めません。
どっちにしたって、未来永劫読めることを保証はしてくれないのは一緒です。

あと、8割以上の本を捨てるコトにしました。
まずは漫画、小説から。

基本的に何度も読み返すわけじゃないですし、中には昔面白くて買ったシリーズものを惰性で買い続けてるのもチラホラ。

改めて見直してみると、話の内容も、もう惰性だよな…って思えるものも少なくなく。

そういう惰性を断ち切る意味でも「売る」や「譲る」じゃなくて、「捨てる」という行為は意味がありそうなので、そうしました。

捨てました。

そーして

おかげで、かなり本棚はスッキリしまして、後は学生の頃に買い集めた本が、流石に少々勿体なくて捨てられずに残ってる感じ。

本はなるべく電子に移行させるとして、空いた本棚には何か別のモノを入れていこうかと思います。

本ってのは、その人の歴史の一部であることは間違いないので、簡単に捨てたりはできないモノなんですが、それだと新しい何かを受けいれるスペースが作れないってのも事実。

今回は、そのためのスペースを空けるコトができましたので、そこに入れる新しいモノをこれから見つけていきたいです。

— ads by amazon —

どんどん迷惑かけていこう

他人に迷惑をかけずに生きることは理論的に不可能だ。

他人から行われた行為を、ありがたく思うか、迷惑に思うかは、行為を行われた側が判断するものであって、行う側には決定権は無い。

したがって「他人に迷惑をかけていない」と、自ら主張できる人間は、世の中には一人もいないというわけだ。

そう強く主張することは、傲慢とも言える。

実際のトコ、相手の好意からくる行為であっても、その全てがありがたいわけではない…というのは、誰もが生きてるなかで実感してる。

故に「相手の迷惑を赦す」というのは大事。

生きていれば、誰しも誰かに迷惑をかけているのだから。

その全てに反論し、反撃したら、世の中は争い事で埋まる。

相手の心情や状況、立場などを汲んだ上で、赦せるコトは赦さないと世の中は回っていかない。

「赦す」なんて単語を使うと畏まるかもしれないが、「お世話になっている」という単語に置き換えれば、皆納得するだろう。

「迷惑をかけたくない」
「迷惑をかけていない」
「迷惑に思っていない」

こうした言葉を話すのは、他人との拒絶を指向している時の特徴的言動なのかもしれない。

もっと、どんどん迷惑をかけていいと思う。

社会で生活している限り、人に迷惑をかけずに生きていくことは不可能だし、誰にも迷惑をかけていないことを論拠に勝手な行動を正当化するコトも許されない。

相手からの「赦し」を得ることと「世話になっている」ことを認識しながら生きていくしかない。

そうしないと、何ひとつ先には踏み出せない。

オクターブを駆け上がる16分音符

数日前から練習始めた曲の出だし。

イントロから、いきなり16分音符でオクターブを駆け上がります。

EWIの運指って、こーゆーフレーズ大変なんですよねぇ…

キーを押さえる指をダイナミックに動かしながら、オクターブローラーも一段持ち上げる。

どのタイミングがずれても、オクターブ飛んだ音が出てしまうんで、この上なく精緻に指を制御しないと。

でもって、この曲はイントロでも120bpmで、サビのとこだと同じフレーズを140bpmぐらいで吹かないといけない。

まぁ、そんなのいきなりやっても吹けるわけはないんで、まずは110bpmぐらいで反復練習から。

なにしろ、出だしのフレーズ。

いきなり音を潰したり、音の粒をバラけさしたら、はなから台無し。

音一つ一つが雑にならないように、耳の分解能あげて注意深く練習しないと。

救いは、少なくとも練習した分は音がマトモになっていくのが実感できるコト。
つまりは、現状下手すぎて、練習の成果を感じやすいってだけのコトなんですが。

当面の目標は、ある程度まで上達して、これ以上はなかなか向上が実感できないなぁ…って壁まで早いとこぶつかることですね。

練習に壁がつきものですんで、まずはそこへ。

— ads by amazon —

暗闇のナマハゲ

今年も観光イベントとしてのナマハゲ柴灯祭りも無事終了したようで。

友人、知人もたくさん関わってるイベントなんで、うまく運営されてくといいなと思う一方で、自分の中のナマハゲ像とのギャップもあって、なかなか扱いに困る催しです。

前に行ったのはも、もう5,6年前か…

最近は、大晦日にやってるナマハゲですら、もう自分たちが子供のころに体験した行事とは様変わりしてるようなので、「本来のナマハゲはこうでなくてはならない…」的なものは、もうすっかり薄まっちゃいました。

そんなわけで、特にそのギャップを正そうという気はないです。
いろいろ時代が移り変わりすぎましたので。

「存続」を願って続けてる限りは、変化は避けようもないですし、仕方なしです。

唐突ですが、柴灯まつりで最後に、ナマハゲが山から降りてきますよね。

あそこのタイミングで、会場内の照明を消して、焚火も防火シートで遮光して、会場内まっくらにしたら面白くないですかね。
もちろん、松明もなし。

暗闇の中で迫ってくるナマハゲって、もの凄く原始的な恐怖に訴えてきそうです。
「Namagege in the dark」です。
これなら、子供だけじゃなくて、大人だってビビりまくります。

なんか、そのへんにナマハゲの原初的なモノがありそうな気がしますが如何でしょう。
最近のナマハゲは人が良さすぎな気がしますし。

まぁ、暗闇の中での会場内の安全はどう確保するんだ…とか真面目に反論されると特に何も考えてないです。
戯言まで。

iPadで楽器練習:テンポ変更の巻

AndroidとiOSで比べると、もうほとんど差はないんですが、もし明確に差があるジャンルがあるとすれば、それは「楽器」アプリ。

このジャンルのアプリに関しては、もうiOSが圧倒的です。

演奏したり、作曲したり、レコーディングしたり、楽器練習の伴奏に活用したりと、そーゆーコトを考えてる方々は、iPad一択と言っていい。

ちなみに、iPhoneだと画面小さすぎて役に立ちません。

自分も、最近はiPad2をフルに活用して楽器の練習(伴奏)に勤しんでます。

iPad2も、もーそろそろ買い替えていい時期なんですが、MIDIデータ扱って練習に活用する程度なら、割とストレスなく使えちゃうんですよね。

テンポの変わる曲

楽器の練習には、CUBASIS2アプリを便利に活用してるんですが、このアプリ、実は演奏中にテンポを自動的に変更することができません。

MIDIデータは、本来テンポの変更に対応してて、PC側でテンポ変更を埋め込んだMIDIデータを作成すれば、勝手にテンポを変えてくれるかと思ってたんですがさにあらず。

まぁ、MIDIデータだけなら簡単なんでしょうが、レコーディングデータのテンポ変更はそれなりにCPUパワーが必要でしょうから、iPad向けDAWアプリでは無理がありそう。

ところが、最近練習し始めた曲は、スローなイントロから始まって、そこからぐいっとテンポアップする曲で、なんとかこれを実現したい。

そこで、iOSに用意されてる楽器アプリ間の連携機能を活用してみることに。

iOSの楽器連携機能を活用

この連携機能、なんかいろいろあるみたいで、どの規格を活用してるのかよくわからないんですが、要は

MIDIプレイヤー(MIDIデータを再生:テンポ変更可能)
  ↓
CUBASUS2(音源としてのみ利用)

という形でいってみました。

MIDIプレイヤーは、何が良いのかイマイチ把握しきれてないんですが、「MIDITrail」というのを利用。

なんかこう派手なソフトです。

MIDITrailの「Settings」画面で、「MIDI OUT Device」というのがあるので、ここで「CUBASIS LE」を指定。

CUBASIS2の方は、「SETUP」画面で、「Background Audio」をオンにします。

これを指定しとなかいと、バックグラウンドに隠れたときに音が止まるようで、これがオンになってる間は、画面上部にその旨のメッセージが赤帯で表示され続けます。

あとは「MIDITrail」で曲を選んで再生するだけです。

出だしのイントロでは112BPMだったテンポが、Aメロに入って143BPMまでアップしてます。

楽器の音も、中途半端なピアノっぽい音ではなくて、CUBASIS2に搭載されてるSteinberg謹製の綺麗なグランドピアノが、気持ちいい感じで鳴ってくれます。

ん~これで、楽器の練習もはかどりますね。
腕はまだまだですが。

先週は、やや体調を崩してて練習もままならなかったんですが、今週からはまた頑張っていきたいかと思います。
やっぱり、日々の生活の中に楽しみがあるってのは良いです。