引き続き国文祭のネタ。
B級グルメネタかな。

週末の国文祭グルメイベント。

天気予報が悪かったので、あらかじめ提供数を絞ったのが裏目に出て、予想以上に早く売り切ったのを悔やむイベンターさんの声があちこちから。
いや~でもあの予報の中で、大量に食材を仕込んで、で予報どおりの天気になった場合は、大変悲惨な結果になる。
そんなコトで、食材無駄にするコトはないと思うし、正解だったんじゃないかと思います。

やっぱり、人は来ないは、売上げはないは、になると気分はブルーです。

そもそも、B級グルメの目的としては、大きなイベント会場に出店して、そのイベントに来たお客さんを、その場で満足させるコトじゃないですし。
地元に遊びに来てもらうための、きっかけ作りが一番の目的なはず。
実際のトコロ、美味しい食べ物である必要ですらなくて、必要なのは、売り手の話ひとつ、笑顔ひとつかも。

となれば、今日は売り切れちゃってごめんね、今度ウチにも遊びに来てね、サービスするから!ってのは、大いにアリな気がする。
初めからそれを狙ってもいいぐらい。

たぶん、あーゆー屋台ものって、朝から晩までひっきりになしにヒトが来くるぐらいじゃないと、そんなに収益として成り立つモノでもないだろう。
その次のステップに進んでこその出し物だ。

だったら、出張イベントでの提供数は、思い切って絞って、地元に誘引する人数を増やすっていう仕掛け方はアプローチの方法として悪くない気がする。

とはいえ売り切れましたの張り紙ひとつじゃダメだろうし、そこは売り切れた後からが本当の勝負みたくなるんでしょうが。

今となってはB1でグランプリ取ったからって、その効果が如何ほどかっていうのはあります。
余所とは違ったアプローチ、余所に先んじたアプローチが効果的ってことはおおいにあるのだろう。

まぁ、実際にやってる本人たちは、それこそいろんな可能性を考えながら頑張ってるんだから、横から口出しするコトでもないです。
なかなか思ったような結果にならなければ、またいろんなアプローチを試してくるんだろうし。

そのへん楽しみにしてます。

以上。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット