先日、余ってるBluetoothキーボードを接続して使う目的でBluetoothのアダプタを購入。

が、これが大失敗。
アダプタがWindows8.1以降には対応しておりませんでした。
ホームページにも、その旨ちゃんと明記してある。

あ~、購入時に、せめてスマホでHP確認しとけば…

とはいえ、このままだとちょっと悔しいので、ダメモトで返品交換をお願いにいったところ、特に交渉するまでもなく、即答で交換してもらいました。

現在、無事に交換したアダプタで接続したBluetoothキーボードで入力中です。

現場に権限がある


今回の顛末、基本的には自分のミスですが、それに対して現場で非常に素早く対応していただきました。

誰の許可を取るとか、店長やらリーダーに連絡するとかでなく、たまたま対応した方から、すぐに交換いたしますと即答されました。

金額の上限はあるんでしょうが、こうした問い合わせには余計な連絡等でお客さんを待たせるより、素早く交換すること…というオペレーション・マニュアルがきちっと整ってるんでしょうね。

些細なコトで、お客さんに余計な時間を取らせなければ、満足度はあがりますし、次の購入機会にもつながるでしょうし、まっとうな仕組みです。

せいぜい1,000円程度の商品の返品に10分以上待たされるぐらいなら、他所にいっちゃいますし。

もう一件も即答


某百貨店の自転車コーナーで一月前に購入したヘルメットも、実は今日、返品交換してきました。

部品の一部が外れてきて、まぁ、ヘルメットでなければ、自分で工夫して何とでもなる症状なんですが、モノがヘルメットだけに、これまたダメモトで返品交換を依頼したところ、こちらも即答。

こちらは、既にレシートすら紛失してたのに、躊躇なし…でした。

うむむ…もはや返品交換に、待たせず素早く対応するというのは大手販売店だと常識のようですね。

リアル店の反撃


小売業にとって、最大のライバルは近隣の同業他社ではなくネット通販。

今回のように、現場に裁量権を与えて、接客を極限までスムーズにする…なんていうのはネット通販では絶対に出来ないこと。

メールや電話で症状を伝えて、仮に返品交換に応じるコトになっても、商品をパッキングして発送する手間隙考えれば、来店すれば10分で返品交換が完了するリアル店にはかないません。

その意味では、的確な反撃です。
お客さんに、値段以外の何をPRしていくかは、すべてのリアル店が、生き残りをかけて真剣に考えないと。

ちゃんと考えてるお店は、対応ひとつで分かっちゃう世の中ですので。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット