仮の司法判断で、どこかの原発が一基、今日停止するらしいですね。

「原発のリスク」と「原発に頼るリスク」は切り分けて考えたい。

原発のリスク


こちらは原発の技術上、運営上で事故を起こす危険性。

こちらは世の中で騒がれてるほどのリスクは無いと思ってる。

とは言え、運転する限り超長期要管理物質(ようは放射性廃棄物)を生み出し続けるというのは、技術としては性質が悪いので、できれば使わないほうがいい。

もし、これから始めようっていうならやめといた方がいいけど、もうこれだけ使っておいて今更止めても問題は解決しないなら、もうしばらくお世話にになるのは選択の一つ。

いずれ廃棄物処理の問題が八方手詰まりになれば、もう使えなくなるだろうし。

その短い期間で動かすぐらいであれば、それほどリスクは無い。

原発に頼るリスク


電源供給を原発に頼るリスクというのは、それとは別に存在する。

あれだけの過酷事故を引き起こした以上、今後様々な要因で、原発は停止させられる可能性が高い。

今回は、司法の仮処分による停止だが、おそらくこの動きは一斉に全国に広がるだろうし、全部じゃなくても一部の原発が止められる、もしくは再稼働を延期される可能性は少なくない。

裁判の結果によっては、廃炉にされる可能性だってある。

司法の判断を切り抜けたとしても、今後発生する小さな事故やトラブルで、その原因究明と対策のために、再び全国の原発を止めざるを得ないケースも起こりうる。

安全性の向上と、事故回避への必要性は、以前とは比較にならないし、下手に隠蔽すれば、それこそ社会的に廃炉を迫られる危険性すらある。

他にも、原発を動かすことで増え続けてる、余剰プルトニウムも、核兵器への転用問題と絡んで、国際的に原発停止を要求される可能性だってなくはない。

日本において原発を安定的に動かすことは、かなり難しい情勢になってるのが現実だ。

これは電源供給においてのリスクと言える。

原発に頼るデメリット


原発を稼働させることで、経営的には電力会社にメリットがあるし、それは自分たちの電気料金に反映されることもよく理解してる。
日本全体の経済活動への影響も少なくない。

ただし、それは原発が長期的に安定稼働できればの話。

止まっている原発なんて、超巨大な金食い虫に過ぎない。
電力会社にしたって迷惑な代物だ。

今の情勢では、今後も停止を余儀なくされる原発が出るのは避けようが無い以上、原発に頼った経営方針を取られることは、電気料金が不安定に乱高下する可能性があることを意味してる。
これは経済的には大きなマイナス要因だ。

それを押してまで原発を稼働させるべきかどうかは、もっと議論していいのかと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット