Skip to content →

土曜日は燃えないゴミの日です

田舎で暮らしてると、いわゆる高齢化というのは、ひしひしと感じるコトも多いんですが、何気ない状況を目にするコトで実感する時も多々。

統計上そうだとか、見かける顔が年寄りが多いとか、そーゆー直接的な話だけじゃなくて。

土曜日は燃えないゴミの日です

例えば、毎週土曜日…うちの地区は燃えないゴミの日なんですが、そのゴミ出しの状況見ても、うーん、これってやっぱり高齢化が一因なんだろうなぁ…と。

毎週土曜が燃えないゴミと言っても、正確には第何土曜日なのかで分かれていて。

第1・3が資源ゴミ、第2・5が燃えないゴミ、第4はペットボトル。

それほど複雑な区分けでもない。
神奈川あたりで暮らしてた時は、ぜんぜん細かい分別を要求されてたし。

ところが、いざゴミ集積所に行くと、これがバラバラ。

資源ゴミはともかく、燃えないゴミ(第5はない月が多い)とペットボトルは月に1度しかないのに、土曜日にゴミ捨てに行くと、必ず別の区分けのゴミが混ざってる。

おそらく、第何土曜日か…ということを、きちっと把握できなくなってる高齢の方が地区にいらっしゃるんだろう…と。

昔の決まりから変えられない

実際のところ、昔は土曜日はすべて「燃えないゴミ」の区別しかなかった時期が長かったので、その習慣から今の決まりに対応できない人が少なからずいる模様。

悪意を持ってみると、またいいかげんにゴミ出しする人が…って思うだけかもしれないが、おそらくそれは真実ではなくて。

実際、その他の曜日に別のゴミが野放図に出されてる場面に出くわしたことはないし。

毎週土曜日、高齢化を肌で感じる朝のお話でした。


— ads by google —

Published in 雑記

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。