こないだからEWI4000sっていうウインドシンセの練習はじめたのは既報のとーり。

いろいろ基礎練しながら、曲の練習なんかもするわけですが、目下の難関はこれ。



6連符ってやつ。

1拍の中で6つの連なった音を奏でるっていう音符。

指も、舌も、息も、素早く、滑らかにいかないと、まともな音にならない。
いまんとこ、全然出来ません。

ちゃんと演奏した音源は聴いてるので、頭の中では鳴ってるんですけどね。

もう、ひたすら練習あるのみ…ですね。

練習すればできる…って信じる


少なくとも、こーゆーふうな楽譜を作ってるってコトは、演奏不能なほどの難易度ではないのだろうし。
単に自分の技術が足りてないだけ。
練習すれば、絶対にできるはず…っていう信念のもと取り組んどります。

実際、ほかの部分は先週に比べれば格段に指も動いてるし、息も続いてる。

少しづつですけど、その少しづつってのが大事。

一曲を通しで気持ちよく吹けるようになれば、モチベーションもぐーっとあがります。

時間はかける


趣味にしろ、スポーツにしろ、出来ないコトがあったら、練習して出来るようになる…ってのは大事なコトです。
それはスキルであっても、フィジカルであっても、メンタルであっても同じこと。

時間をかけて練習して、ようやく新しい楽しみが開ける。
初心者のままでは、楽しめないコトってのは非常に多い。

練習して出来るようになることで高まるモチベーションが、さらなる課題と練習への取り組みを後押しする。

そのサイクルが回ってこその趣味だ。

ってわけで、引き続き練習に励みます。
1日1時間でも、30分でも、時間をみつけてひたすらに。


--- ads by amazon ---












このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット