我が家…というか自室ですが、地デジ以降後テレビもビデオデッキもありません。
CRTのテレビ(WEGA)は置いたままになってますが、これは、まぁ、昔のゲームやLDを再生する時専用で普段は使ってません。

テレビを全く見ないわけではないですが、少なくともテレビをかけたまま、横で作業するとか、もうしません。
今はデスクトップPCにアースソフトのPT3というテレビ録画ボードを付けて予約録画をして見ます。

このPT3とか、導入は超めんどくさくて、一般の方にはオススメできないんですが、私の周りには意外とユーザーがいます。
面倒なのがイイっていう人もいるんでしょう。

いちおうフルHDのPCのディスプレイで、マウスでさくさく予約録画ができるっていうのはメリットです。
ビデオデッキのリモコンだと、どうしてももっさりしますから。
pt3bangumihyou

ですが録画したファイルは普通のメディアプレイヤーじゃ再生できなくて、一旦デコードを行って作成したファイルを、メディア配信用のDLNAサーバーPCにコピーして、それをiPhoneなり、ノートPC(XBMCアプリ)なりで、再生するような感じ。
手間暇かけて何やってるんでしょう、とは思います。
こんなの今の市販のレコーダーなら、全部おまかせで出来ちゃいますから。

でも、手間暇かけて無線LANネットワーク改善したり、録画PCのシステム安定化させたり、デコード環境に手をいれたり、システム全体の面倒みていくのが面白かったりするんですよね。
そこを面白いと思えるってとこが、意外と大事なコトなんだと思ってます。

何でも、便利で、簡単で、容易に実現できればいいってもんじゃないです。

それでも、いちおうPCユーザーにとってメリットはあって、そのへんは他所のPT3を紹介してるサイトをご参考に。
まぁ、世の中には、こーゆー変わったところに面白味を感じる人もいるので、何でも自分基準で一概に判断しないこと…そーゆーお話です。

今日のところは以上。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット