定期ポストみたいなもんなので、補助金云々に関して今一度。

お役所の補助金ってのは、もとは税金であって、それを必要性と合理性に基づいて、民間が利用するというのは、もちろん何の問題もない話。

ただし、その利用の仕方や、そのものの財源とか考えると…そう気軽には利用すべきでは無いってね。

運営費で楽すると続かない


まぁ、最近は徐々に減ってはいるとは思いますが、何かの取り組みをするにあたって「予算が無いから出来ないよね」って、のたもう方々に多いケース。

その取り組みをするにあたっての運営費(経費、人件費、機材費等々)を補助金で賄うというのは、よく聞くお話し。

補助金の多くが年度区切りで提供されることを考えると、単年区切りの取り組みとしてしか成立しない。
通常は1年。
長くて3年だろうか。

この場合、なにしろ「予算が無い」から始まってる取り組みだから、補助金が切れたら活動終了になるのは、もう目に見えてる。
このケースは、身近なところを含めてよく見かけてる。

終了しても別に構わない…予算無いんだから終了しても仕方ない…っていうなら、そもそも補助金を使うほどの公共性もないんじゃないの?とは思う。

目的限定、非営利


でもって、補助金は、その目的が限定される。
自分たちがやりたいことが自由にできないってのは、もう、取り組みそのものを変質させてしまう危険な縛りだ。
ここで間違えてしまって、潰れてしまう取り組みも多々あるはず。

途中でプラン変更なんかあった場合も、いちいちお役所に伺いを立てないといけないってのも、余計な事務作業が増えるし、機動性、機敏性が失われる。

現場で思いついたアイディアが、その取り組みの核心的なアクションに成長するコトもあるので、そうした身軽さが失われるのも危険。

あと、会計に関しても、いちいちチェックされる。
これは公金な以上当然です。

ただ厄介なのは、非営利活動に限定されやすいコト。

教育とか福祉絡みなら、そりゃ非営利でも問題ないだろうけど、衰退していく地域を元気にする活動なんかで利益を出しちゃいけない…っていう縛りは意外とキツい。

利益が出なくなったから衰退してるんであって、利益を出さないまま地域が再生するってありえない。
バリバリ利益を出す気なら、補助金に手を出すのはマズイ。

最近は、ベンチャー資金っぽい補助金メニューも存在らしいけど、もしそれで成功する取り組みだったら、たぶん、民間だけでやっても成功するよね。

だったら、一切の縛りなく、最初から自由に民間だけでやったほうがいい。

本気なら初年度から通常料金で


もちろん、補助金は使うけど、かなり本気で活動してる取り組みもある。

その場合で問題なのは、初年度は補助金のおかげで参加費を格安(もしくは無料)に抑えたけど、翌年、通常の料金にしたら、去年来てくれた人が全く来なくなってしまった…というのはよくある話。

結局、その取り組みに賛同したんじゃなくて、格安に賛同してただけ…っていう。

だったら、初年度から通常料金で活動して、ほんとに取り組みに賛同してくれる人を募った方がよかったという。
一年、まるまる無駄にしたね…って、本気でやってる故に後悔するケース。

本気で継続してやるなら、初年度からカネは通常料金でやったほうがいい。

初期投資


取り組みを始めるにあたって、何かしらの初期投資が必要になり、それに補助金を充てるケース。

これは、それなりに合理的な理由として成立しそうだが、やっぱり気を付けないと難しい。

他人のカネで買ったものって、減価償却とかそのへんの考え方が甘いんで、取り組みの中で、うまく活用できなくても、まぁ、しょうがないか…って意識がはたらきやすい。

買ったはいいけど、最初に1回、2回使って、あとは全然活用されてない…ってこともよくあるコト。

店頭で衝動買いで買った来た商品と、似たような感じ。

せいぜい、購入費の1割、2割を補助するぐらいじゃないと難しいかも。
規模にもよるけど、その程度なら、取り組みの中での工夫で工面できそうな気もするしね。

その意味では、恒常的に使用するモノ、もしくは恒常的に使用する施設のインフラ工事なんかに限定しないと、無駄になりかねないので、これも注意したいお話し。

補助金は子供や孫のお年玉


あと、一番肝に銘じておかないといけないのは、今の補助金の半分は、借金(国債)っていう意識を持ってないとマズい。

今の日本っていうお国は、困ったことに国債発行に全く躊躇が無くて、バンバン発行してる。

国債って、要は国の借金で、これを返済する方法は増税以外無い。
国の収入って税収しかないんだから、そこ増やす方法は増税しかないのは自明なんだから。

その増税に苦しむのは、カネを借りた現役世代じゃなくて将来世代。

つまりは子供や孫のお年玉に手を付けてるのと同じ。

今の借金総額(1,000兆円突破!)を考えたら、子供の給料を充てにして、親が豪遊してるようなモン。

自分が活躍するための資金を、子供の借金にツケておくって…最低の親のするコト。

まぁ、そのへん考え始めると、おっかなくてそうそうは補助金に手を付けたくは…無くなるね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット