surface2何となく雑文です。

最近、8インチのWindows8.1タブレットが予想以上の人気を集めてる。
製品自体は1年ぐらい前からあったんですが、OSがWindows8.1になって、タブレット向けCPUがパワーアップ。
何といってもOffice2013が付属して5万円しないっていう価格設定がかなり魅力的。
ちなみに海外のoffice2013は、家庭用途限定のファミリー版らしいですが、日本のは仕事にも使えるフルバージョンがインストールされてます。

もし、自分もPCで簡単な作業しかしないのであれば、これ1台で賄えてしまうぐらいの機能性と機動性。
来春のWindowsXPのサポート終了による買い替え需要にも十分対応できるだけの性能はあると思います。
メール、インターネット、SNSぐらいであれば余裕です。

ただ、注意しないといけないのは、これぐらいならスマホや、もっと安価なAndroidタブレットでも十分に使えます。
Windows8.1タブレットを使うなら、やはりOffice2013であったり、画像編集であったり、それなりに手間暇をかける用途がなければ、中途半端なデバイスになりがちなのは要注意。
その意味では、自宅で使うときには外付けのBluetoothキーボードと、マウスぐらいは必要だと思います。
外付けディスプレイの接続までできれば、一通りの作業で不自由になることはないはずです。
そうした外部デバイスとの接続性も購入前にチェックしておきたいとこ。
特に外付けディスプレイはSurfaceシリーズとか、対応可能な機種が限られるはず。

ただし、ここまで揃えて設定するとなると、結局、コスト的に普通のノートPCとあまり大差なくなるのも事実。
実際、文書入力量が多くなると、ディスプレイとキーボードを折りたたむ形で収納できる、ノートPCのスタイルは思った以上に便利なものだと再認識することもしばしばあります。

特に、最新のウルトラブックは、性能的な妥協なしに、サイズの小型化、薄型化に成功し、機種によっては10時間以上のバッテリー稼働時間があるので、運用性ではタブレット端末と同様か、それ以上です。
このスタイルで先行したのはAppleのMacBookAirですが、現在ではWindows機の性能向上で逆転しています。
コストに余裕があるのなら、こちらの方が向いてる用途も確かにあるはず。

Windowsタブレットが向いていると思われる想定としては。
・普段はメール、インターネット、SNSを重点的に利用。
・資料のやり取りや、確認のために、Word、Excel、PowerPointの利用頻度が高い。
・資料作成の下書きを外出中でも行いたい。
・資料を紙で印刷するケースも多い。
・Windowsタブレットと別に、ノートorデスクトップ型のPCを所有している。

このあたりに該当する人であれば、他のデバイスよりはWindowsタブレットが向いているのではないかと思います。
そこまでいかないのであれば、もっと安価なAndroidデバイスが向いてるかもしれないです。
ちなみにiPadとAndroidタブレットでは、できることに大きな差はありません。
あえて言うなら、iPadはじめiOSデバイスは日本語入力がめちゃくちゃダメなので、長文入力をする人は選んじゃダメです。

現在、自分はVAIO PRO 13というウルトラブックをメインで運用しているのと、10インチのiPad2を持ってるので、そこまで必要とは思えないですが、iPad2がなければ、1台入手してたかもしれません。
手元にWindowsXPのノートPCがあり、買い替えをしないといけないものの、そこまで使用時間が長くないようであれば、この秋冬に発売されるWindows8.1タブレットは、なかなかにいいデバイスだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット