「何を食べたいか?」と聞かれて「何でもいい」という答えを返すことは、実は意味がある。

味覚の精度


味覚について、精度の高い人間と、精度のアバウトな人間がいる。

自分はアバウトな方だ(と思う…比較できないので断言はできないが)。

アバウトというのは、美味しい、不味いを感じないというわけではなくて、あまり精緻にその違いを認識できないという意味。
なので、美味しいものを食べれば美味しいと言うし、不味いものを食べれば不味いと言う。

ただし、美味しいものを2つ食べた時に、どちらがどう美味しいということまでは認識できず、どちらも美味しいと言うにとどまる。
このあたりをきっちり認識できる人間は飲食関係に向いてるんだと思う。

それを踏まえると、外食であれ、家食であれ、何を食べたいかと聞かれた場合に、「何でもいい」という回答が出るということは、基本的に、何を食べても美味しいという前提があるから。
もし、何か特定のメニューは食べたくないというのがあれば、そこで何らかのリクエストが出ると考えていい。

また、本当に自分の好きなメニューだけを繰り返した場合、非常に偏ったメニューが続くことを自覚している場合など。

「何でもいい」という答えの中にも、実は多様な意味が含まれている。

味覚と幸福感


味覚の専門家ではないし、統計調査をとったわけでもないが、食事をとった時に幸福感を感じるというのは、誰しもあることだと思う。

味覚が精密な人は、味覚と幸福感の繋がりがダイレクトなんじゃないかと推察する。
自分の好みの味覚と出会った場合、それがそのまま幸福感に直結する。
自らの幸せの中で「味覚」が大きな意味を持っている。
これは生まれつきの素質なんだと思う。

逆に、味覚がアバウトな人が食事に幸福感を感じないかと言うと、そうではない。
ただし「味覚」の占める割合がぐっと下がる。
そのかわり「誰が作ったか」「誰と食べるか」「何を話すか」「何処で食べるか」。
そういった味覚以外の要素が幸福感を多く左右する。

恋人とホテルでディナーとなれば味なんか二の次で幸福だろうし、真夜中に食べるジャンクフードが妙に美味しく感じるのは、決して味覚の問題ではない。

食事は味覚と状況のコラボ


と、かように「何でもいい」というセリフから考察できる内容は多様だ。

食事という、生物学的にはカロリーと栄養の摂取に過ぎない行為に、人類は延々とその文化的リソースをつぎ込んで来たのには、これだけ多様な訳がある。

美味しい食事をいただくというのは、味の優劣だけを意味するのではない。
味覚と、それを取り巻く状況の両方があって、初めて満たされるのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット