Skip to content →

今夜は一人でアンサンブル練習

今夜のEWI4000sの練習は、一人でアンサンブル練習。

やや矛盾するタイトルですが、工夫しだいでなんとでもなるのが電子楽器、DTMの良いところ。

iPadのDMWアプリCUBASIS2に、あらかじめ打ち込んでおいたアンサンブルの演奏データから、メインのパートをマイナスワンしての練習。

普段は、メトロノームのパッポッポッポッというガイド音に合わせての演奏に慣れてるので、アンサンブルの相手パートの音を聞きながら演奏のリズムをとるのは、けっこう新鮮だし、思ってた以上に難しい。

パートナー(iPadですが…)は、無口で、目線も合わせてくれないのでなかなか難儀しますが、実際の演奏はメトロノームに合わせて吹くわけじゃないので、こーゆーのも練習しておかないと。

今日は初日ですし、上手く調子が取れずミスも多めでしたが、ミスが出るってことは向上の余地があるってコトなので、じっくり練習進めていきたいとこです。

例によって、ゆっくりでイイんで。

この曲、例の吹奏楽アニメのトランペットとユーフォニアムのアンサンブル曲なんですが、トランペットはともかく(マイナスワンしますし)、ユーフォニアムパートの音色が、ちょいと迷いどころでして。

さすがにユーフォニアムなんて音色も用意されてなくて、CUBASIS2の内蔵音源で合いそうなのをいろいろ試してみますがなかなか。

今日使ってみたのは、アナログシンセを模した音色。
温かみがあって悪くないんですが、ちょいと派手すぎて、逆にリズムが取りずらかったり。

最後は無難なトロンボーンにしてみて、よーやくリズムが上手く合わせられるようになってきました。

音色によって合わやすさも違ってきたりして、このへんの音色選びも、じっくり楽しもうかと思ってます。

CUBASIS2には、他の音源アプリの音色を呼び出せるInter-App機能もあるので、吹奏楽器音色が豊富なアプリでもないか、調べてみるのも面白そーですし。

なかなかに楽しみは尽きません。

— ads by amazon —


— ads by google —

Published in EWI4000s デジタルデバイス 楽器

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。