今年もGE男鹿半島は無事終了。



昨年に続いてボランティアスタッフだったわけですが、大きなイベントはやっぱ疲れます。
普段と違う動き方で、しかも2daysは…わりとキツい。

まぁ、いろいろと得るものも多かったので、もうイヤって話ではないんですし、まだまだこの先、もっといいイベントに育てていける予感もありますし。

今年はメカサポート


今年は2日ともにメカニックサポートのお手伝い。

去年も2日目のメカサポのお手伝いをやってましたが、朝のカオスな状況を思うと、やや気が重かったのは正直なトコ。
あんまり手入れしてないような自転車を、どこかおかしくないかチェックしてください…的なのに、時間の無い中で対応せざる追えない状況はちょっとどうなの…と。

実際のところ、他所の大会でもそうした自転車がイベント中にトラブル誘発するのが多発したらしく、今年は昨年と違ってメカニックサービスは有料化。

そんなこともあって、大半の参加者が自分の自転車の調子を自分で確認…それで手に負えない場合にメカサポに依頼してくる…という流れ。
自転車メンテに対する意識付けを変えていくのにも、いいやり方だと思います。

自転車はメンテナンスフリーではないし、メンテにはそれなりの道具もスキルも必要だし、ある程度のお金がかかるんだ…というのは是非共有していきたい。
整備不良の自転車は事故の元、ケガの元ですので。

メカニック側としても、一台一台の自転車をじっくり見れますし、時間に急かされた状況から解放されるのは助かります。
それで適切な整備、アドバイスができるのなら、参加者さんにもメリットありますし。



普段は触れないような高級バイクだったり、パーツの個々の違い…いろんな環境下で実働してるバイクのコンディションを見られたのは、興味深い経験でしたし、よい勉強になりました。

あ~このパーツ、けっこう劣化早いんだぁ…とか、せっかくのパーツもほんのちょっと取り付け角度がズレてるだけで、かえってバイクにダメージを与える元凶になったりとか、個人的なパーツ選びにも役立つようなノウハウの収穫がけっこうあったり。

なかなかに有益な2日間でした。

スタッフの質的向上


今年は、いつもお手伝いしていただいてる地元の高校が、別の学校行事のために参加できなかったため、ボランティアスタッフ的にはかなり厳しい状況。
そんな中でも、各部門の皆さんが頑張っていただいて、昨年以上のサポート体制が作れたと感じてます。
これは、大きな収穫だったんじゃないかと。

もちろん、絶対的な人数が少ない分、各人の作業量は増えたでしょうし、手薄になった部分もあったでしょうが、そういうトコロをきちんとチェック、共有できれば、それはノウハウとして積みあがりますし、次回以降に活きますので。

逆にいえば、例年通りのボランティアスタッフを確保できて、その方々に的確な指示を出せれば、もっと手厚い体制が作れるわけですし、それは来年以降の課題の一つ。

今回で3回目のGE男鹿半島ですが、スタッフの質的向上としては大きな収穫があったと思ってます。

地元の人の関わり方


今年は、3回目ということもあり、一部コース変更で住宅の多いエリアを走ったり…というコトもあって沿道で声援してくれる人の数が増えたようです。

こうした声援は参加者のモチベーションにもなりますし、そうしたつながり感が醸成されるっていうのは、観光の見地からしても凄く大事。
他所から来た皆さんって、風景や食事以上に、地元の人とのつながりに強い魅力を感じるのは経験的にも間違いなく。

地元の人が、楽しんで関わってくれるような仕組みづくりも大事だろうなぁ…と。
ただ場所を貸して、ホテルに人をとめて、勝手にイベント開いてお終い…じゃ意味ないですからね。

そのあたりの仕組みづくりにも、積極的に進めていければ、もっともっと面白くなるだろうし…参加者的にも、地元民的にも。

地元も勝手に楽しんじゃおう


コース沿道で声援…ついでにBBQパーティとかバンバンやっていいと思うんですよ。
参加者が羨ましくなるような焼肉の香りがプンプンするようなやつ。
ずうずうしい参加者なら、そんな中にお邪魔して、一口もらってくるかも…それも良しですよ。

応援エリアみたいなのを勝手に作って、給水ぐらいなら無料でも提供できるでしょうし、誰かがスポンサーして地元の名物を提供するのもありだし。
土産物屋にただ並べとくよりはよっぽど印象的。
そーゆーとこに勝手に止まって地元の人とのふれあいを持つのはは、参加者の楽しい思い出になるだろうし。

もっと地元の人が、イベントをだしにして勝手に楽しんでくれる環境づくり、雰囲気づくり…そこまでいけばもっともっと面白くなる。

もちろん、地元のお店が、自主的にそんな企画を起こしていくのだってありだろうし、もっともっとオープンに楽しめる場所として成立させていきたい…という想いもある。

まぁ、いきなりそこまでいけなくても、じわじわ少しづつ進めていければ…っていうか自分は当日動けないし、そのへん面白がってやってくれる人いないかなぁ…
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット