間もなくWindows XPのサポートが終了します。
それを受けて、自分も使っていたDELLのWindowsXPノート(VOSTRO 1710)をWindows8.1にアップグレードした上で、メディア(DLNA)サーバー化して利用しています。

最近は、VAIO PRO 13をDLNAクライアントにして、居間の40'テレビに接続して視聴する機会も増えまして。

そのためにはいくつかの設定が必要なので補足しておきます。

まずは、HDMIケーブルで液晶テレビと接続。
普通は、セカンドディスプレイとして自動的に認識するはず。
最初は音声が液晶テレビから出ませんでしたが、自分はサウンドドライバーの再インストールで正常に出力できました。

続いて、DLNAクライアントであるXBMCを起動。

メニューの右側にある「システムメ」ニューから「設定」を選択。
xbmc0
設定画面で、一番下の「システム」を選択。
xbmc1
「ビデオ出力」項目の表示モードを「フルスクリーン#2」に。
xbmc2
「オーディオハードウェア」項目のオーディオ出力デバイスを「HDMI機器名」に変更すれば完了。
xbmc3
ちなみに、各項目は変更した後に、別の項目に移動したタイミングで有効になります。
通常のWindowsのUIとは異なるのでご注意。

これで、映像、音声ともに液晶テレビが出力されますので、大画面の迫力でお楽しみいただけます。

今日のところは以上。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット